下之一色線

概要

下之一色線は、名古屋線の中村公園駅(*1)から下之一色駅までを結んでいた鉄道路線。

当時は漁港として栄えていた下之一色町(*2)と名古屋を結ぶために開業した。

しかし、戦時中に名古屋市営の路面電車路線である名古屋市電下之一色線(*3)と競合しているとして、不要不急線に指定されて休止した。

戦後の1952年、関西急行鉄道は再開する意思が無かったため、正式に廃止された。

沿革

 ・19XX年 名古屋急行鉄道下之一色線として開業。

 ・1942年 不要不急線となり休止。

 ・1943年 下之一色駅が不審火で焼失。

 ・1944年 線路などの鉄道施設が撤去される。

 ・1952年 正式に廃止。

駅一覧

下之一色線は下之一色駅を起点に、助光駅、岩塚駅、稲葉地駅、中村町駅で構成されていた。

中村町駅は現在の中村公園駅の事である。

 *1  当時の駅名は中村駅。戦後の1952年に中村公園駅に改称した。

 *2  今では信じられないが、漁港として栄えていた。1950年代あたりから、周辺の工業化に伴う海洋汚染で漁業は衰退した。

     また、1937年に名古屋市と合併して、名古屋市中川区の一部となった。

 *3  元は下之一色電車軌道という鉄道会社の路線だったが、1937年に名古屋市に買収されて名古屋市電の路線の一部となった。