別府港線

概要

別府港は、現在の姫路線の別府駅と港口駅(貨物専業駅)を結んでいた鉄道路線。

化学肥料製造会社の多木製肥所(現在の多木化学)の肥料製品を積み出すための路線として開業した。

1944年には別府港で操業を開始した製鉄化学工業(現在の住友精化)の製品輸送も担うようになった。

しかし、1980年代からは国鉄が貨物営業を縮小したため、連絡線を経て魚住駅で国鉄線へ受け渡す貨物輸送が出来なくなったことから、1984年に廃止となった。

沿革

 ・1921年 別府港線が開業。

 ・1984年 国鉄への貨物輸送が出来なくなったため、別府港線を廃止。

駅一覧

別府港線は別府駅を起点に、別府港駅、港口駅の3つの駅から成り立っていた。

別府駅は旅客専業の駅だが、別府港駅は貨客両用、港口駅は貨物専業の駅だった。