名古屋線(旧線)1

☝ 以前の名古屋線と現在の名古屋線。

トンネルの建設により真っ直ぐな区間となりました。

概要

名古屋線(旧線)1は、平古駅~多度大社駅を結んでいた鉄道路線の区間である。

この区間の路線が建設された当時、トンネル建設には時間がかかる事や、建設費が高くつく事から、山地を回避する形で路線が建設された。

しかし、この山地を回避する路線はカーブがきつく、また単線であったため、運行速度や運行本数に大きな制約となっていた。そのため、新たな路線が建設される事になり、それが平古トンネルと古野トンネルが建設された。

平古トンネルと古野トンネルが建設されたことにより、平古駅~美鹿駅~古野駅~猪飼駅~多度大社駅区間の路線は廃止となった。

沿革

未完成なのですー。

駅一覧

平古駅、美鹿駅、古野駅、猪飼駅、多度大社駅。

平古駅、古野駅、多度大社駅は現存しているが、美鹿駅と猪飼駅は廃止となった。