大阪線

☝ 南河内電気鉄道の開業当時の簡略図。

つまり、戦前の簡略図だ。

当時はまだ都市の規模が小さかった事が分かる。

概要

1924年に開業した南河内電気鉄道の経営は順風満帆とは言えなかった。

そのため、南河内電気鉄道は経営状態を改善のため、堺市より大きな経済的市場がある大阪市と結ぶ鉄道路線を計画した。それがこの大阪線である。

当初は天王寺に乗り入れる計画だったが、天王寺周辺は都市化・宅地化が進んでいたため、鉄道用地を確保するのが難しい、鉄道用地を取得できる見通しがあったとしても高額な資金が必要と判断されたため、鉄道用地が確保しやすいと判断された寺田(*1)に変更された。

しかし、大阪線を建設するのに必要な資金を集める事が出来ず、結局、未成線となった。

沿革

 ・1924年 南河内電気鉄道が開業。

 ・1928年 大阪進出を計画、敷設免許を鉄道省に請願。

 ・1930年 大阪線の免許を交付される。

 ・1934年 不況を理由に敷設延期を請願、これが承認される。

 ・1963年 南河内電気鉄道が関西急行鉄道と合併。この未成線の免許も維持される。

 ・1967年 関西急行鉄道が更新手続きをしなかったため、免許失効。(*2)

  *1 当時、寺田周辺は田畑が多くあり、鉄道用地が確保できる見通しがあった。現在の大阪市を知る現代人にとって信じがたい話である。

  *2 これについては、近鉄との密約があったからだと言われている。

     この事について簡潔に述べるのが難しい(あるいは面倒くさい)ので、ここではキッパリと割愛する!!