富田林延伸路線

☝ 南河内電気鉄道の開業当時の簡略図。

つまり、戦前の簡略図だ。

当時はまだ都市の規模が小さかった事が分かる。

概要

1924年に開業した南河内電気鉄道は当初、堺市と富田林町(当時)を結ぶ鉄道として計画された。

しかし、南河内電気鉄道は資金が十分では無かったため、山越えとなる平尾駅~富田林駅(仮称)間の路線を建設するだけの建設費を捻出できなかった。

そのため、いずれは建設するとしてこの区間の免許を維持し続けたため、この区間は未成線となった。

また、一説では、富田林から千早村(当時)(*1)まで路線を延伸させる計画があったと言われているが、南河内電気鉄道を引き継いだ関西急行鉄道ではそれらを示す関係の資料は無かった。(*2)

沿革

 ・1924年 堺駅-平尾駅間が開業。平尾駅-富田林駅(仮称)は建設されず。

 ・1963年 南河内電気鉄道が関西急行鉄道と合併。この未成線区間の免許も維持される。

 ・2006年 美原線が美原電鉄に移管される。移管された際、この未成線の免許は破棄された。

  *1 現在の千早赤阪村の千早地区。

  *2 全国的に鉄道熱が強かった当時、地域住民の期待がありもしない計画話になったものだと言われている。