生駒線

概要

生駒線は、奈良線の下田原駅から生駒駅までを結んでいた鉄道路線。

大阪から生駒聖天と呼ばれる宝山寺への足として開業した。

太平洋戦争の勃発により宝山寺への参拝が難しくなり参拝客が激減したため、利用者が激減した生駒線は戦時中の1943年に不要不急線とされて休止、同年の12月に線路は全て剥がされた。

戦後、長らく休止扱いのまま放置されていたが、1971年に思い出したかのように廃止届が出されて正式に廃止された。

沿革

 ・19XX年 奈良急行電気鉄道の生駒線として開業。

 ・1943年 不要不急線となり休止。同年12月に線線が全て撤去される。

 ・1971年 正式に廃止。

駅一覧

生駒線の起点は生駒駅だった。

生駒線にある駅は生駒駅、俵口駅、南田原駅、下田原駅。

こぼれ話

 ・正式な廃止は1971年かよ!

生駒線が正式に廃止されたのは1971年とかなり遅かった。

郡山支線は1951年に廃止されたのに、何故、生駒線はこんなにも遅かったのか。

関西急行鉄道広報部によれば理由は単純明快なもので、「廃止届を出すのを忘れていた」というものだった。

なんとまぁ、おマヌケな話である。