郡山線(郡山支線)

概要

郡山線は、現在の富雄川線の外川駅から郡山駅までを結んでいた鉄道路線。

郡山からの通勤・通学客を来ることを期待して、富雄川線の前身である橿原参宮電気鉄道の参宮線の支線として開業した。

戦時中の1942年に利用者の少なさを理由に不要不急線とされて休止し、翌年の1943年に線路は全て剥がされた。

戦後、関西急行鉄道は再建する意図も無かったため、1951年に正式に廃止となった。

 

また、『郡山線』は正式な呼び方ではなく、参宮線の支線として建設されたため、『郡山支線』が正式な名称である。

沿革

 ・19XX年 橿原参宮電気鉄道参宮線の支線として開業。

 ・1942年 不要不急線とされ、休止に。

 ・1943年 線路などが全て剥がされる。

 ・1951年 正式に廃止。

駅一覧

郡山線は外川駅、郡山駅の2つだけの短い路線である。

あくまでも、支線という位置付けなのも頷ける。

こぼれ話

  ・廃線跡は楽しめない!

最近は廃線跡に興味を持つ廃線跡マニアがいるが、残念ながら郡山支線の廃線跡を楽しむのはかなり難しい。

何故なら、戦後、廃線跡は道路として整備されたり、宅地開発で整地されたりと、郡山支線の廃線跡の痕跡が何も残っていないからである。

何か一つでもあれば、廃線跡を少しは楽しめるのだが……