関急本線(旧線)

☝ 現在の関急本線と旧・関急本線。

旧・関急本線が京都を迂回する形となっているのが分かる。

概要

関急本線(旧線)は、下鳥羽駅から大津駅を結んでいた鉄道路線。

当初、関西急行鉄道の前身である京阪急行鉄道は京都市内中心部を通る路線を引く計画であった。

しかし、京都市の反対などで京都市内中心部に乗り入れることが出来ず、また、名古屋から路線が延びている名古屋急行鉄道と接続するため、そのため京都市内中心部を避けるように下鳥羽駅~伏見駅~山科小野駅~山科駅(旧)~大津駅の路線が建設された。それが関急本線(旧線)である。

戦後、現在の関急本線となる京都市内中心部を通る新線が建設されたことにより、この区間の路線は廃止となった。

沿革

 ・19XX年 京阪急行鉄道の京急本線として開業。

 ・194X年 名古屋急行鉄道と合併して名阪急行鉄道となったため、名阪本線に改称。

 ・194X年 関西急行鉄道の発足により、関急本線に改称。

 ・1975年 新線が開業したことにより、この区間(下鳥羽駅-大津駅)は廃止となる。

駅一覧

下鳥羽駅、伏見駅、山科小野駅、山科駅、大谷駅、大津駅。

下鳥羽駅と大津駅以外は現存していない。

また、廃線区間にある山科駅は現在の山科駅より南東約1kmの場所にあった。

こぼれ話

 ・旧線の廃線跡は……

廃線の痕跡はほとんど残されていない。

廃線後すぐに鉄道施設は撤去され、廃線跡は道路となったり、宅地になったりしている。

廃線跡は都市部であったことと、1970年代という開発が優先される時代であったことも廃線の痕跡を消し去ってしまう一因となった。