大阪高速鉄道

☝ 大阪高速鉄道の路線図。

関西急行鉄道は大阪高速鉄道に乗り入れているぜ!!

概要

大阪高速鉄道(おおさかこうそくてつどう、英文社名:Osaka  Express  Railway  Co.,  Ltd. )は、大阪府内で2つの路線を運営している大阪府が中心となって出資された第三セクターの鉄道会社。

大阪府を筆頭に、豊中市などの沿線自治体、乗り入れている関西急行鉄道、阪急電気鉄道、京阪電気鉄道、近畿日本鉄道などが株主となっている。

また、大阪高速鉄道の路線には、関西急行鉄道と阪急電鉄が乗り入れている。

沿革

大阪都市圏は大阪市を中心として発展してきたため、一点集中型の都市構造となっている。

そのため、鉄道網がその都市構造を反映して放射状に形成されてきた経緯があり、戦後、人口の増加と都市の膨張により、都市部では過度の集中による混雑、周辺地域では市街地の急拡大に伴う公共輸送機関の不足という事態に陥っていた。

このため、都市部の混雑緩和・都市機能の分散化・周辺都市の公共輸送機関サービスの拡充が求められていた。

 

1966年、1970年に開催される日本万国博覧会の輸送対策として、都心から放射状に伸びている国鉄(現在のJR西日本)と私鉄各社と接続し、これらの沿線からの来場客の利便の向上とともに万国博覧会終了後も中核的機能を果たす鉄道建設が構想された。

当初は、府道中央環状線に沿って阪急千里線と国鉄関西本線との間に建設し、将来は堺市や兵庫県西宮市方面に延長する構想となっていた。

 

しかし、この構想は関西急行鉄道の反発を受けることなった。

この時、関西急行鉄道は大阪国際空港への鉄道路線を構想していたためである。

また、他の私鉄各社も自社の営業エリアを侵害するものだとしてこの構想に否定的な見解を示していたため、当初の目標だった1970年の万国博覧会までの鉄道路線建設構想はまとまらず、この構想は流れてしまった。

 

1972年、万国博覧会の後も人口が増加し続けている事から、北摂地域に公共輸送機関、主に鉄道路線が必要だと認識されていたため、大阪府は新たに鉄道路線を提案した。

この時に提案された案は、大阪府を主体に沿線自治体、私鉄各社が出資して鉄道会社を設立し、関西急行鉄道と阪急電鉄が乗り入れする、というものだった。

この案に関西急行鉄道をはじめとする私鉄各社が賛同、翌年、北摂地域を走る鉄道会社が設立された。

 

 ・1973年 大阪高速鉄道を設立。

 ・1980年 門真南駅-大阪国際空港駅間が開業。

 ・1998年 万博記念公園駅-阪大病院前駅が開業。

 ・2007年 阪大病院前駅-彩都中央駅が開業。

 ・2016年 本社を現在の場所に移転。

運行車両

未完成なので、そのまま。

路線

 ・大阪空港線 大阪国際空港駅-門真南駅

 ・彩都線   万博記念公園駅-彩都中央駅

 

2004年、近畿地方交通審議会は「京阪神圏において、中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として門真南-鴻池新田-荒本-瓜生堂間の延伸が答申案として示された。

この答申案の区間については長らく動きはなかったが、2013年、大阪府知事が「2001年度から続く黒字経営を府民に還元すべきだ」として事業化に向けた検討を関係部署に指示したが、現在は未だに検討段階の状態にある。