美原電鐵(美原電鉄)

☝ これが美原電鉄の路線。

単線で電車がノコノコと走ってます。

概要

美原電鉄(美原でんてつ、英文社名:Mihara  Electric  Railway  Co.,  Ltd. )は、大阪府堺市堺区の堺駅から同市美原区の平尾駅までを結ぶ鉄道会社である。

 2005年に関西急行鉄道から分離・分社化されて設立された。

沿革

元々は1924年に南河内電気鉄道として開業した。

当初、堺市と富田林町(当時)を結ぶ鉄道として計画されたが、南河内電気鉄道は資金が十分では無かったため、富田林の手前の平尾止まりとなった。

戦時中、鉄道会社の多くは大手の鉄道会社に吸収されたり、国有化されたりしたが、南河内電気鉄道は奇跡的にどこにも吸収される事無く残った。

 

しかし、元々経営が苦しかった事や、当時、拡大路線を採っていた近畿日本鉄道(近鉄)に株を買い占められたこともあって、事実上、南河内電気鉄道は近鉄の傘下に入った。

その後、1963年に南河内電気鉄道の株式は関西急行鉄道に譲渡(*1)され、関西急行鉄道は南河内電気鉄道と合併した。

 

南河内電気鉄道の路線は関西急行鉄道の美原線となったが、美原線は他の関西急行鉄道の路線と接していない事や、長年赤字続きだったことから、2005年に分離・分社化されて美原電鉄となった。 (*2)(*3)

 

 ・1921年 南河内電気鉄道に対し鉄道免許状下付。(堺-富田林間)

 ・1922年 南河内電気鉄道設立。

 ・1924年 堺駅-平尾駅間が開業。(平尾駅-富田林駅は未開業)

 ・1944年 戦争激化に伴い、全面運休に。

 ・1945年 終戦に伴い、運行再開。

 ・1957年 株式の大半を近鉄が保有する事になり、実質的に近鉄の傘下に入る。(*1)

 ・1963年 関西急行鉄道と合併し、南河内電気鉄道の路線は関西急行鉄道美原線となる。

 ・2004年 美原線が分離される事になり、美原電鉄が設立される(*2)(*3)

 ・2005年 美原電鉄、営業開始。

運行車両

未完成にゃーん。

 *1  当時、近鉄・京阪・関急の三社で奈良電気鉄道(現在の近鉄京都線)の株式争奪戦が起きていた。

     しかし、関西急行鉄道はこの争奪戦に乗り遅れ、関西急行鉄道は奈良電鉄株の一部しか取得できず、

     近鉄と京阪が互いに4割強を押さえてしまった。

     その結果、奈良電鉄は宙ぶらりんの状態となったため、関西経済団体連合会が調停に乗り出した。

     この調停により、奈良電鉄の路線は近鉄に吸収され、バス路線は京阪が継承することになった。

     そのため、関急は何も得られない事になってしまうため、

     近鉄が実質的な傘下に収めていた南河内電気鉄道を近鉄から譲渡されることになった。

 *2  当初、関西急行鉄道は廃止も検討していた。

     沿線住民の廃止反対の声があった事や、

     廃止した場合、周辺に路線のある近鉄と南海を喜ばせる結果になるため、廃止に踏み切れないでいた。

 *3  当時、堺市は美原線(現在の美原電鉄線)の廃止に肯定的だったが、

     合併相手としていた美原町が存続と補助金の拠出を望んでいて、これに同意しない場合は合併に反対すると表明していた。

     是が非でも合併して政令指定都市になりたかった堺市は最終的に折れて、美原線の存続と補助金の拠出することに同意、

     これを受けて美原町は堺市に吸収合併されることに同意した。

     これにより関西急行鉄道は美原線への補助金が受けられることになったため、

     責任体制や経営状態の明確化のため美原線を分離・分社化した。