関急大阪病院

☝ これが関急大阪病院なのですよ、ハイ。

概要

関急大阪病院(かんきゅうおおさかびょういん、英文組織名:Kankyu  Osaka  Hospital. )は、関急ホールディングスが運営する企業立病院である。

 

戦前の1937年に関西急行鉄道の前身企業である京阪急行鉄道が『より良い労働は、労働者の健康から』という理念を基に社員向けに開業した京阪急行玉造診療所を前身としている。

当初は大阪市内の玉造に診療所があったが、戦災で焼失(*1)、戦後の1955年に大阪府北河内郡茨田町(現在の大阪市鶴見区)(*2)総合病院として再建された。

その後、建物の老朽化や耐震性に問題があると判定されたため(*3)、現在の大阪府枚方市に移転した。(*4)

 

また、関急大阪病院の隣に関急健康管理センターを併設しており、ここでは一般人向けの公開講座などが行われているが、通常は関急グループの社員の定期健康診断を行う施設であり、基本的には一般人の立ち入りは原則禁止されている。

沿革

 ・1937年 京阪急行玉造診療所(関急大阪病院の前身)開設。

 ・1945年 大阪大空襲で焼失。これにより、廃業状態となる。

 ・1955年 大阪府北河内郡茨田町(現在の大阪市鶴見区)に関急大阪病院を開院。

 ・1966年 総合病院の承認を受ける。

 ・2007年 大阪府枚方市に移転。現在に至る。

診療科

内科

耳鼻咽喉科

麻酔科

精神科

外科

泌尿器科

皮膚科

整形外科

脳神経外科

放射線科

リハビリテーション科

婦人科

心療内科


 *1  大阪大空襲によって焼失し、駐在していた医師や看護師も犠牲になったため、事実上の廃業状態となった。

 *2  今では信じられないが、当時はまだのどかな田園光景が広がっている土地だった。

 *3  阪神大震災などの影響を受けて、建築基準法が改正され、耐震基準が強化された。

     これにより、新基準下では耐震性が不足していることになった。

 *4  枚方市にほどよい広さの土地があった事から、その場所に移転することになった。